社労士試験6ヶ月一発合格

アクセスカウンタ

zoom RSS 労働基準法より問題3

<<   作成日時 : 2010/01/10 23:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

○×で答えて下さい。

使用者は、労働者の同意を得た場合には、賃金の支払について当該労働者が指定する銀行その他の金融機関に対する当該労働者の預金または貯金への振込みによることができるがこの場合の同意については、必ず書面により行わなければならない。



答え ×   
昭和63.1.1 基発1号
同意については、労働者の意思に基づくものである限りその形式は問わない。なお、指定とは労働者が賃金の振込み対象として銀行その他の金融機関に対する当該本人名義の預貯金口座を指定するとの意味であって、この指定が行われれば同意が特段の事情が無い限り得られているものとされる。なお、振込とは振込まれた賃金の全額が所定の賃金支払日に払い出し得るように行われることを要する。

賃金の5原則の例外では、労働協約や労使協定に注意が行ってしまいがちです。
もちろんそれも大事ですが、深く考えすぎて解らなくなりがちな問題ですので、ピックアップしました。
皆さん会社に入社したときに「振込み希望口座」を書いて会社に提出したと思うのですが、それで同意がなされたということです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
労働基準法より問題3 社労士試験6ヶ月一発合格/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる