受験のきっかけ

私は自動車の整備用のマニュアルを作成する仕事をしておりましたが、リーマンショック以来の不振を受け今年の4月20日をもって努めていた事業所が閉鎖されると2月初めに知らされました。
その時に解雇に関する事、雇用保険に関する事等労働者を取り巻く事にあまりに無知であると気付き、色々調べるうちに社会保険労務士という資格の存在を知りました。
そして、社会保険労務士は労働に関する法律のスペシャリストで、会社があり働く人がいるならばその全てのフィールドが社会保険労務士の仕事場だと分かりました。
知り合い(正確には妻の知り合い)に社会保険労務士の方がおられたので話を伺うと「社会保険労務士はこれからますます社会に必要とされるやり甲斐のある仕事だよ。」と教えて頂きました。
引越し若しくは単身赴任での本社勤務、地元での再就職、社会保険労務士を目指すという三つの選択肢があったのですが、家庭の事情で本社勤務は諦めました。
歳と自動車業界の現状を考えると再就職も難しいし、社会保険労務士になろうにも試験の合格率約8%で、
目安となる勉強時間が1,000時間か!と躊躇しましたが、6ヶ月後に就職活動しても今と状況は変わらないだろうし、なにより妻が「事業所閉鎖で職を失うのはショックだけど、きっと何かのきっかけなのよ。定年の無い仕事も良いと思うし挑戦してみたら。」と背中を押してくれました。
6ヶ月間必死で勉強して不合格なら諦めようと思い受験勉強を始めました。
(最後は不合格でも来年また受けようと思ってましたが)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック