脳を刺激して効率的に勉強する

勉強前に程度な運動をしましょう
咀嚼を心掛けましょう


社労士試験に合格しようと思ったら1000時間は勉強が必要と言われています。
他の資格試験勉強、受験勉強でも言えるのですが、少しでも少ない時間で済めば良くないですか?
また、同じ時間を費やしても少しでも多く勉強出来れば良いと思いませんか?

私は学校への通学、自宅での自習、近所の勤労福祉会館の自習室での自習と3ヶ所で勉強しました。
異動は専ら自転車でしており、雨の日はバイクで移動か自宅で勉強してましたが朝一から集中出来るのは自転車で異動した時で、一番集中力が欠けるのは自宅での自習でした。
これは受験後知った事ですが、適度な運動は脳を刺激し学習能力を高めるということです。
(私が実感出来たのは集中出来るか否かだけでしたが)
先日橋下徹大阪知事が大阪の子供が、運動能力テスト、学習能力テスト共にさんざんな成績だったと怒ってましたが、そのニュースに福井県は朝の授業が始まる前にランニングを取り入れた結果、運動能力だけでなく学習能力も向上し全国上位になったのだと報じてました。
また、アメリカの大学でも積極的に運動を取り入れた結果、学部によっては全米1位や3位の学部になれたと報じてました。
(どこの大学か忘れてしまいました)
そのニュースの実験では、適度な運動をした後は脳全体が活性化され実際に問題を解くスピードがあがっておりました。
ちょっと前のドラマ「ドラゴン桜」では前を歩く人の背中に数学の公式を書いた紙を貼って歩きながら覚えてましたが、あれも脳を刺激していたのだと思います。
ランニングまでしなくても私のように20分位掛けて勤労福祉会館や図書館の自習室まで自転車で通ったり、歩いて行けばよいと思います。
移動の間も昨日した事を思い出したり条文を口ずさんだりすれば無駄な時間にはなりません。
後に書きますが、自習室では周りの人に影響されて勉強してしまうので、あまりやる気の湧かない時は特にお勧めです。
自宅で勉強しておられる方是非お試し下さい。

もう一つ、よく噛んで顎を使う(咀嚼)事でも脳が刺激されます。
食事はしないわけにはいきませんから、よく噛んで食べる様にして食事時間が多少長くなっても脳を刺激しましょう。
予断ですが、よく噛んで食べると満腹中枢がみたされるので、ダイエット効果もあります。
一日中勉強する日等は特に昼ごはんの時に実行して下さい。
昼からも集中して勉強出来ますので。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック