平成21年度社労士試験を振り返って(雇用保険法、選択式)

今年は、高年齢求職者給付金からの出題でしたが内容はかなり基本事項でした。
過去の出題を見ても雇用保険法は基本事項からが多く、得点を稼ぐ科目と言えるでしょう。
過去問での繰り返し学習で十分実力が付きます。

私のように事業所閉鎖になったり、解雇なんて良くない出来事ですが雇用保険法勉強する際は「自分は特定受給資格者に該当するんや」とか「会社辞めた後でも1年以内開始なら教育訓練給付受けれるんや」など、自分の身に当てはめて覚えれる、また自分のことなんで忘れないというメリットがあります。
仕事されている方も、自分に当てはめてみたら理解し易く忘れにくいので、まずは自分に当てはめてみる事をお勧めします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック