独学か学校か?

勉強するにあたり独学か学校に通うのかという疑問があるでしょう。
私は学校に通い学校のパソコンに配信されてくる講義を聞くスタイルの受講をしました。
特にこのスタイルを選んだ訳ではなく、私の置かれている状況から判断して以下の条件から探しました。
1.初学者なので独学では無理
2.6ヶ月しかないので自宅から一番近い学校
インターネットで調べると一番近いのは西宮北口の駅周辺で、2校あったのですが1校目は少人数制の授業形態で今からでは入学できないと断られました。
もう1校はまだ間に合いますと入校させて頂きました。
それが、大栄国家資格学院でした。
そして、西宮北口校にはオンデマンド授業しかありませんでした。
その時の私は、TAC、LECの存在さえ知らず、自宅に居ながらネットを使っての通信やDVDでの受講等という選択肢も知りませんでした。

独学か?学校か?ですが、本試験でおしいところまでいった方は独学でも大丈夫だと思いますが、初学者は学校行った方が良いです。
独学でも、白書対策や法改正などは学校の講座を利用した方が良いと思います。

学校で生講義を受けた方が良いのかについては、私自身が一度も生講義受けずに合格したのでどちらでも良いと行っておきます。言い換えればどちらでも合格できます。また、自宅でパソコン通信で受けようがDVDで受けようが合格できます。
それぞれのメリット、デメリットを考え自分にあった物を選びましょう。
とは言えそれが選べないから困っているという方もおられると思うので、私の考えでは生講義の含まれるコースを生講義に固執せずに受けるのが一番良いと思います。
講師の方の身振り手ぶりがある事で記憶に残り易く、眠たくなりにくい、直に質問できる、とメリットが大きいですが、固執して遠い学校通ったり、学習順序がめちゃくちゃになったり、質問の為に長時間授業後に待ってたりするのであればいかがなものかと思います。
同じ教室で勉強するので必然的に仲間ができますが、お互いに切磋琢磨できる関係であれば良いのですが、雑談が増えてきたら要注意です。
学校行かなければ行けないかと云うとそうではありません、通信やDVDで勉強されている方も心配要りません。
私の勉強時間の内、学校で授業を聞いていた時間は約14%に過ぎません。
私は何より問題を解くことに一番多くの時間を費やし、次にテキスト確認、テキスト読み込みをしました。
授業時間より少なかったのは、理解する為のツール作りと模試位です。
私を含めた多くの合格者の意見では、「繰り返し問題を解くこと」が一番重要です。
独学でも学校通っても繰り返し問題を解いて実力をつけましょう。


受験される方々、来年きっと受かります。頑張って下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック