私のこだわり

私が社労士試験勉強をしていた時に注意していた事は信用しすぎないでした。
これは、学校や出版社を信用しすぎないということです。
本当に素晴らしい成績を残した学校なら前年の合格率を公開するのではないでしょうか(個別指導&少人数制の所で公開しているところはありますが)また、「試験問題的中」と言っていますが、オプション講座なども含めて言っているのでいったい何問中何問的中だったのかと思います。(その様な事も公開されません)
とはいえ、学校は専門で行っているので情報量、予想力等は受験生個人がかなう訳もありません。
そこで私がこだわったのが、分散させることです。
「使用したテキスト&問題集」を見ていただければ解ると思いますが、問題集の発行元を分散させました。
写真の他にLECの模試と通ってた学校の模試、基礎答練、精選答練、過去問講座の問題をやりました。
大栄、TAC、LEC、日本法令と4社の問題をやる事で高得点で合格出来たと確信してます。

どこの学校でも同じだと思いますが、テキストに太字赤い文字青い文字のところがあると思うのですが、その学校が重要と思っている箇所であり、皆さんの記憶にも残りやすく、基礎答練でよく出題される箇所です。
更に模試になれば基礎答練の問題が散りばめられています。結果自分が通っている学校の模試は好成績を収める事が出来ます。
模試は来年の春からなので先の話をしてしまいましたが、近いうちに問題集を購入しようと思っているのであれば、通っている学校以外の物を購入する事をお勧めします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック