社労士に必要な労働法そして労働判例セミナーを受講して その2

昨日表題のセミナーを受講し、その後の懇親会で出合ったある方を紹介いたします。
彼は私と同じく平成21年度合格者で、年齢22歳、とある大阪の私立大4回生で就職先決定済みの方でした。
驚くべき事に、勉強期間3ヶ月で合格されました。
それを聞いたときは、驚きと悔しさがこみ上げてきました。
「彼は22歳で若いからだよ」と言ってしまえばそれまでです。
でも私はとても悔しかった。同じ土俵でしかも同じ試験会場で、同じ合格という結果を出すのに彼は私の半分の歳月で済ませた。点数は私のほうが良かったのですが、合格してしまえば一緒ですからね(>_<)
今合格目指して勉強されている方、年齢を言い訳にしてたらだめですよ。社労士試験合格には年齢による救済は存在しませんからね。
若いのは勉強から遠ざかっていた期間が短いだけで、歳いってるのは長かっただけ、そのスランプは日々勉強する事で埋まりますし、楽しさも必ず生まれてきます。
で、その彼も勉強は過去問中心でした。

"社労士に必要な労働法そして労働判例セミナーを受講して その2" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント