平成21年度社労士試験を振り返って(厚生年金保険法、択一式)

今年の択一式も例年同様基本事項中心だったと思います。
私は、確実に答えが解ったのが7問、ほぼこれが正解だろうと思ったのが3問でした。
この結果は、私が年金が得意だったというのと、年金の択一式が例年難易度の高い問題は殆ど出ないのが影響していると思います。
過去問を見ても難易度を簡単な方からA→B→C→Dと評価している過去問題集には、Dは無くCも殆ど無いという結果になります。
それでも難しいと思う方が多く、特に厚生年金が苦手な方が多いようです。
制度自体が複雑なのですが、理解してしまえば応用がきき、実は得点源に出来る科目です。
私が実践した勉強方法は後日書きます。
年金が苦手な方も、難しいなあと思っている方も克服できます。
頑張りましょう。

"平成21年度社労士試験を振り返って(厚生年金保険法、択一式)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント