健康保険法 勉強方法

学校の授業やテキストを順番通りにやっていくと、初めて出てくる社会保険の科目が健康保険法という事になります。適用事業所や審査請求が労働保険と似ていてちょっと違うので、違うものだと解っておいて下さい。
私は過去問中心の勉強方法が一番だと言って来ましたが、健康保険法は正にそれです。出題は満遍なくされますし、選択式の過去問にはかなりの難題が有ります。平成20年度は1点救済になるほどの問題でした。高額療養費からの出題で、選択肢20個が全て数字だった年もある様な科目です。(その年も1点救済でした。)

日雇労働者以外のところは重要度のランクを付けるのも難しいので、やはり問題集を何回転もこなして、その後テキストを読み問題にあまり出なかった所を確認するようにしていきましょう。

健康保険法はテキストが一番薄いので、テキストを読むのは他の科目と比べたら楽です。

注意するところは、○○健康保険組合が結構出てくるので違いをしっかり覚えて下さい。(案外出題率高いです。)

"健康保険法 勉強方法" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント