労働者災害補償保険法 勉強方法その2

労働者災害補償保険法の勉強の順番ですが、昨日「労働者災害補償保険法 勉強方法その1」で書いた様に、保険給付については年金の給付をある程度理解した後になりますので、ざっと以下のような順番になります。 ①テキストを一読する ②過去問を一読する ③過去問を一回やってみる ④年金の過去問をやった後に労災の過去問をやってみて混乱する時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

労働者災害補償保険法 勉強方法その1

労働者災害補償保険法はテキストを見てもページ数はそんなに多くないし、出題傾向も似たような箇所からの出題が多い科目ですが、苦手な方が多い科目でもあります。 私も過去問で勉強をしだして、3周目位の時に勘違いや記憶違いの非常に多い科目でした。 それはズバリ年金が影響していたからでした。 労働保険と社会保険でそもそも制度が違うのですが、給…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

労働安全衛生法 勉強方法

労働安全衛生法は範囲が広い割には出題数が少ない科目です。 選択式2問、択一式3問です。 ですが、この選択式の2問がとても重要です。労働基準法の3問中が難問2問もあったら労働安全衛生法で得点しないと足切りにあいます。今年の様に2問が最高裁判例からの出題って事も十分あります。 社労士試験で合格する為に一番重要な事は足切りにかからないこ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

労働基準法 勉強方法

今日からは私の勉強方法を科目別に書いていきます。 初めは労働基準法です。 先ずは概観を見てみましょう。概観が解ると理解しやすくなります。 労働基準法は本則、通達、最高裁判例等から出題されますが、本則が基本事項、通達が補足事項、最高裁判例が実例と思って下さい。 初めに本則を理解し、通達で補足していき、その知識を最高裁判例で確認…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成21年度社労士試験を振り返って(国民年金法、択一式)

厚生年金保険法でも書きましたが、年金の択一式は難易度の高い問題はあまり出ません。 今年の国民年金法で私は、確実に答えが解ったのが7問、ほぼこれが正解だろうと思ったのが2問で、2択まで持込んだが正解できなかったのが1問でした。 最悪でも2択まで持込めたので、やはり難易度は高くなかったと思います。 今回で平成21年度社労士試験を振…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成21年度社労士試験を振り返って(国民年金法、選択式)

今年の国民年金法の選択式は、厚生年金保険法よりも更に基本事項からの出題だったと思います。 国民年金法も昨年度救済処置があったので、難易度の低い問題になったと思われますが、厚生年金保険法同様難易度の高い年は救済される事が多いようです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成21年度社労士試験を振り返って(厚生年金保険法、択一式)

今年の択一式も例年同様基本事項中心だったと思います。 私は、確実に答えが解ったのが7問、ほぼこれが正解だろうと思ったのが3問でした。 この結果は、私が年金が得意だったというのと、年金の択一式が例年難易度の高い問題は殆ど出ないのが影響していると思います。 過去問を見ても難易度を簡単な方からA→B→C→Dと評価している過去問題集には、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成21年度社労士試験を振り返って(厚生年金保険法、選択式)

健康保険法同様に去年が難易度が高く救済処置があったせいか、今年度は難易度は低く、極めて基本事項が出題されたと思います。 年金は社労士の勉強の中でも苦手とされる方が一番多い科目ですので、難易度の高かった年は救済があるといった流れになってます。 私も勉強し始めの時は「なんとわかり難い制度で難しい科目だろう」と思いましたが、最終的には一番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社労士に必要な労働法そして労働判例セミナーを受講して その2

昨日表題のセミナーを受講し、その後の懇親会で出合ったある方を紹介いたします。 彼は私と同じく平成21年度合格者で、年齢22歳、とある大阪の私立大4回生で就職先決定済みの方でした。 驚くべき事に、勉強期間3ヶ月で合格されました。 それを聞いたときは、驚きと悔しさがこみ上げてきました。 「彼は22歳で若いからだよ」と言ってしまえばそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社労士に必要な労働法そして労働判例セミナーを受講して その1

昨日、「社労士に必要な労働法そして労働判例セミナー」を受講して参りました。 来年の社労士試験ではおそらく変更されないようですが、再来年あたりから社労士試験に憲法、民法等の科目が追加されるという噂があります。その必要性も理解できる凄くためになる内容でした。 皆さんは「来年受からなかったらひょっとして試験勉強で憲法や民法も勉強しないとあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成21年度社労士試験を振り返って(健康保険法、択一式)

健康保険法の択一式問題は、毎年難問が3割程度含まれます。 今年度の問題で私が確実に答えが解ったのが6問、おそらく間違いないだろうと選択し正解したのが1問、2択まで持ち込み正解できたのが2問、3択までしか絞り込めず不正解だったのが1問でした。 過去問でしっかり勉強すれば5,6問は正解できると思います。予想問題、模試を活用して正解できる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年金アドバイザー

本日本屋にて「年金アドバイザー2級 問題解説編」を購入しました。 年金アドバイザー2級は銀行業務検定試験なので、内容は銀行の業務を想定して出題されますが、社労士として年金相談を受ける際にかなり役立ちそうです。 公的年金に関する事から定年後の健康保険まで実際の年金相談で質問される事柄が出題範囲で、生年月日と年金加入記録から支給額を計算…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成21年度社労士試験を振り返って(健康保険法、選択式)

今年の健康保険法は基本中の基本問題でした。 これは、試験作成委員が昨年度と同じ方が担当され、昨年度の健康保険法が1点救済だったからではないでしょうか。 過去問をやっていても昨年度の問題と、高額療養費の計算問題は難易度がかなり高く本試験ではお目にかかりたくないと思う問題でした。 年度によって難易度のバラツキがかなり大きい科目です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成21年度社労士試験を振り返って(労務管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識、択一式)

ここ数年そうなのですが、労務管理その他の労働に関する5問が難易度が高く、社会保険に関する5問が難易度が低いという傾向にあります。 今年も例外ではなく社会保険に関する5問は基本中の基本問題でした。 労務管理その他の労働に関する5問は、法律からや各統計調査から出題されますので、全てをカバーするのはほぼ不可能です。 法律は基本事項はおさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成21年度社労士試験を振り返って(社会保険に関する一般常識、選択式)

今年の社会保険に関する一般常識の選択式試験は児童手当法からの出題でした。 E 以外は基本事項でしたので、4問は正解できる問題でした。 E も「最高裁判所長官と法務大臣」の2択になりますが、テキスト範囲以外の本当の一般常識である三権分立などを思い出すと「最高裁判所長官」が導き出せたと思います。 民主党が子供手当を導入するに伴い児…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

合格通知

10月25日に受験しました、確定拠出年金アドバイザー3級試験の合格通知が郵送されてきました。 合格率は25.84%でした。社労士試験と比べたらかなり高い合格率でした。 受験者数は全国で596人とこちらはかなり少なかったです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目標は高く持ちましょう

初学者でも一発合格が出来る これは私を初め沢山の方が出来た事で全く不可能ではありません。 ここで確認ですが、皆さんは社労士試験に合格する事が目的で今勉強されてますよね。 でも、合格に目標を設定しないで下さい。 私の最終的な目標は「満点を取る」でした。それがだめなら「全国一位」次が「兵庫県一位」その次に「合格」でした。成績通知には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成21年度社労士試験を振り返って(労務管理その他労働に関する一般常識、選択式)

今年は、日本国憲法、労働組合法、労働関係調整法からの出題であり、労働組合法以外はカバー出来ていなかった受験生が多かったのではないでしょうか。 私も労働組合法と労働関係調整法はバガー出来ていたのですが、日本国憲法が・・・ 小学校か中学校で習ったはずですが、もちろんそんな記憶は忘れ去っていまして、結果は「団体行動」と「団体交渉」を逆に入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成21年度社労士試験を振り返って(雇用保険法、択一式)

雇用保険法は択一式も基本事項からの出題が目立ちました。 選択式、択一式共に得点源に出来ますので、基本事項を中心に過去問を使いしっかり勉強しましょう。 出題は各手当の受給要件、被保険者の種類と要件が中心です。 労災もですが択一式には3問の徴収法からの出題があります。 労災7問、雇用7問、徴収6問というバランスになりますので、総…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成21年度社労士試験を振り返って(雇用保険法、選択式)

今年は、高年齢求職者給付金からの出題でしたが内容はかなり基本事項でした。 過去の出題を見ても雇用保険法は基本事項からが多く、得点を稼ぐ科目と言えるでしょう。 過去問での繰り返し学習で十分実力が付きます。 私のように事業所閉鎖になったり、解雇なんて良くない出来事ですが雇用保険法勉強する際は「自分は特定受給資格者に該当するんや」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more