テーマ:勉強方法

更新出来ずすみません

最近ブログの更新が出来ず申し訳ありません。 少々仕事に追われ、自身の勉強(読書等)、また休日は娘の相手もありで、なかなか時間がとれません。 さて6月末にはLECの第2回模試があったと思いますが、受験された方はいかがだったのでしょうか? 私はその日模試後に献血をして帰るつもりだったのですが、あまりの長文難解問題ばかりだったので、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

とにかく問題を

本試験まで約7月になりました。 もう7ヶ月しかないと思いますか?まだ7ヶ月あると思いますか? 7ヶ月という期間は合格するための期間としては十分だと私は思います。 実際、3ヶ月の勉強期間で合格した強者にも会いましたし。 要は、どの様に過ごすかに尽きます。 学校の授業をスケジュール通りこなしているだけであったり、テキストを読む…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

罰則について

各法律に罰則、罰金が有ると思いますが、それを覚えなくてはならないのかという疑問を抱くと思います。 疑問に対する答えは、「全てを覚える必要はありません」です。 選択式問題の5つの選択肢のうち、1つに出題されることはありますが、5つのうち3つも4つもという様な出題のされ方は無いでしょう。ですから残り4つが解れば正解を導き出せます。 全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本年金機構

今日たまたま社会保険事務所の近所を通り、年明けには日本年金機構が発足する事を思い出しました。 私が試験を受けた時は、全国健康保険協会が平成20年10月発足だったので、出題されるだろうとかなり勉強しましたが、あまり出題されませんでした。 来年の試験にどれだけ出題されるかは解りませんが、しっかり勉強しておかなければならない事は確かです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去問をやりましょう

クリスマスも終わり、年末の行事も残り少なくなってきたと思います。 しつこく言いますが、過去問をやりましょう。 テキストで覚えようと思い何度も読むよりは過去問をやりましょう。 区切りが良いので来年からと思っているのなら、直ぐに過去問にかかりましょう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休憩は大事です

みなさん問題やってますか? 問題をやり始めた当初は信じられないと思いますが、問題を解くのが楽しい時期がやってきます。 私は、過去問3~4周目位の時でした。気付いたら3時間位過去問をひたすら解いていました。 結果として、ひどい肩こりになり頭痛はするは歯が浮いたようになるはで、食事にも困る有様でした。 こんな状態になると効率は悪くな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

数字の暗記

社労士試験に合格する為には、数字を暗記しないといけません。 雇用保険法の給付日数は絶対に覚えなければならない数字ですが、他にも労災法の遺族補償年金の給付日数等があります。 私は暗記が苦手なので色々調べて、「独学のオキテ」http://dokugaku.info/というサイトに出会いそこに書いてある暗記方法で暗記しました。 ある法則…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

問題やってますか

皆さん。問題やってますか? 「テキストがそこまで進んでいないから」とか「テキストに書いてある事が良く理解できていないから」などといって後に回していたら、問題にかかる機会を失いますよ。 インプットばかりしてないで、アウトプットしましょう。 本試験は全てアウトプットですよ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年金 勉強方法その4

壁に張る作業が終わったら、再び過去問に掛かりますが貼ってから2~3回転はその部屋でやることをお勧めします。勉強する時は基本的には自宅以外をお勧めしてましたが、年金だけは特別です。 過去問や予想問題をやっていくうちに書いた方が良いと思った事は書き足したり、新たに紙を作って貼っていくようにします。どんどん進化させていってください。そうやっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年金 勉強方法その3

基本的な給付が張り終わったら補足事項を紙に書いていきます。 何を補足事項に入れるかは、過去問を2回ほどしてから選んでも良いと思います。 過去問で良く出題される箇所、混乱しそうな箇所を選ぶと良いでしょう。 私は、繰上げ繰下げ、併給調整、60歳からや船員の老齢年金等を選びました。 これらをまた壁に貼っていきます。 勉強…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年金 勉強方法その2

年金の給付に関する事が一番大事だと昨日書きました。 まずは、年金の基本的な給付(老齢基礎年金等)を全て紙にまとめて書いてみましょう。 安衛法の時にも書きましたが、後から見て解るようにまとめて行きます。 私はこんな感じで書きました。 国民年金の給付も厚生年金の給付も書き出します。 実は、紙に書き出すのって結構時間が掛かります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年金 勉強方法その1

社労士試験で一番苦労される方が多いと言われている年金ですが、制度が複雑である事が原因です。何から手を付けていったら良いのか、テキストに掲載されている順番通りにやっていけば良いのかも良く分からず、テキストを一読した感じでは「何じゃこりゃ」という感想になるかと思います。私もそうでした。そんな私の試験結果は前にも紹介した通り、選択式は国年、厚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健康保険法 勉強方法

学校の授業やテキストを順番通りにやっていくと、初めて出てくる社会保険の科目が健康保険法という事になります。適用事業所や審査請求が労働保険と似ていてちょっと違うので、違うものだと解っておいて下さい。 私は過去問中心の勉強方法が一番だと言って来ましたが、健康保険法は正にそれです。出題は満遍なくされますし、選択式の過去問にはかなりの難題が有…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一般常識 勉強方法その2

昨日も書きましたが、本試験前に一番怖かったというか落ちる可能性があるのは選択式だと思ってました。択一式に関しては不安はありませんでした。選択式の中でも一般常識が一番怖く、時間を掛けて勉強しました。 特に労一は法律数も多く、白書等から出題された事もありうんざりしますが、目的条文や「この法律で○○とは、何々のことを言う」の要件文はしっかり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一般常識 勉強方法その1

実は私はこの科目の勉強に一番苦労し、時間も掛かりました。 私は4月に入ってから勉強を開始しました。そして、一般にも春からの勉強で十分間に合うといわれています。 ですが、今年の試験でギリギリ涙を飲んだ方の中には労一の選択式2点の方が多かったのではないでしょうか? 私も点数の余裕が無かったのは選択式の労一だけでした。(労基&安衛は2点…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雇用保険法 勉強方法

雇用保険法は社労士試験の中で一番簡単な科目で、得点源に出来る科目です。 勉強方法としては、過去問を中心に練習問題を何回もこなすことで知識をつけましょう。 特に小細工は要りませんが、前にも書いた様に自分や家族に置き換えて各受給要件や被保険者要件を覚えていくと良いでしょう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去問題集、予想問題集をやるにあたって

市販の予想問題集や過去問題集が販売される時期ですので、問題をやる時のアドバイスをしたいと思います。 まずは必ずノートに解答を書いて行い問題集には一切の記入はしないでおきましょう。 ノートには日付けも書いて下さい。これで振り返りガ出来ます。 問題集は繰り返しやるのもなので、振り返りで以下の事が言えます。 ①不正解だった問題が正解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

労働者災害補償保険法 勉強方法その2

労働者災害補償保険法の勉強の順番ですが、昨日「労働者災害補償保険法 勉強方法その1」で書いた様に、保険給付については年金の給付をある程度理解した後になりますので、ざっと以下のような順番になります。 ①テキストを一読する ②過去問を一読する ③過去問を一回やってみる ④年金の過去問をやった後に労災の過去問をやってみて混乱する時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

労働者災害補償保険法 勉強方法その1

労働者災害補償保険法はテキストを見てもページ数はそんなに多くないし、出題傾向も似たような箇所からの出題が多い科目ですが、苦手な方が多い科目でもあります。 私も過去問で勉強をしだして、3周目位の時に勘違いや記憶違いの非常に多い科目でした。 それはズバリ年金が影響していたからでした。 労働保険と社会保険でそもそも制度が違うのですが、給…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

労働安全衛生法 勉強方法

労働安全衛生法は範囲が広い割には出題数が少ない科目です。 選択式2問、択一式3問です。 ですが、この選択式の2問がとても重要です。労働基準法の3問中が難問2問もあったら労働安全衛生法で得点しないと足切りにあいます。今年の様に2問が最高裁判例からの出題って事も十分あります。 社労士試験で合格する為に一番重要な事は足切りにかからないこ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

労働基準法 勉強方法

今日からは私の勉強方法を科目別に書いていきます。 初めは労働基準法です。 先ずは概観を見てみましょう。概観が解ると理解しやすくなります。 労働基準法は本則、通達、最高裁判例等から出題されますが、本則が基本事項、通達が補足事項、最高裁判例が実例と思って下さい。 初めに本則を理解し、通達で補足していき、その知識を最高裁判例で確認…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目標は高く持ちましょう

初学者でも一発合格が出来る これは私を初め沢山の方が出来た事で全く不可能ではありません。 ここで確認ですが、皆さんは社労士試験に合格する事が目的で今勉強されてますよね。 でも、合格に目標を設定しないで下さい。 私の最終的な目標は「満点を取る」でした。それがだめなら「全国一位」次が「兵庫県一位」その次に「合格」でした。成績通知には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勉強時間を記録しよう

社労士試験に合格を約束できる勉強時間は有りません。 500時間で合格される方もおられますし、2000時間でも不合格となってしまわれる方もおられます。 時間の使い方、勉強内容により知識や解答力に差がでるからだと思います。 解答力とは知識力や対応力はもちろん、持っている実力を本試験で発揮できる力だと思ってます。 社労士試験に合格する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めての過去問題集

過去問題集は販売されるのが年末、年始頃なので少し早いですが、既に販売されている物もあるのでどんな風にやれば良いかを書きます。 初めてやる時はほぼ解く事が出来ないでしょう。 でも大丈夫です、必ずほぼ100%解ける実力が付きます。 5、6年分の過去問をほぼ100%解ける様になれば、本試験の問題で一般常識以外の科目の択一式で60~70%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今の時期のおすすめ問題集

今の時期は講座を受講している、テキストを読んでいる時期だと思います。 私は早く問題に触れましょうと言っているのですが、問題集もあまり販売されていないので問題にかかれないですよね。 学校で基礎答練が始まっていればそれから入るのが一番良いのですが、まだ始まってなかったり独学の方もおられるので、お勧め問題集を紹介します。 「使用したテキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私のこだわり

私が社労士試験勉強をしていた時に注意していた事は信用しすぎないでした。 これは、学校や出版社を信用しすぎないということです。 本当に素晴らしい成績を残した学校なら前年の合格率を公開するのではないでしょうか(個別指導&少人数制の所で公開しているところはありますが)また、「試験問題的中」と言っていますが、オプション講座なども含めて言って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去問題集選び

前に「重要度ランキング」でも書きましたが、重要度No1です。 大抵の資格試験が過去問題集を覚えてしまう位やれば合格できると言われている様に、全ての資格試験において重要度No1と言っても過言ではありません。 「使用したテキスト&問題集」でも書きましたが、5年分や10年分の過去問題集は年末年始にかけて発行されます。 何年分の物を買った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

使用したテキスト&問題集

私が試験勉強に使用したテキストと問題集を紹介します。 上が今年の2月に講義申し込んだ時に学校から支給された物で、下が購入した物です。 私は2月からの申し込みでしたので、過去問題集が支給されましたがこの手の過去問題集は年末から年始に掛けて出版されるので、今はお手元に無いでしょう。 学校に申し込んでいる方は支給されるか、いつ頃にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

独学か学校か?

勉強するにあたり独学か学校に通うのかという疑問があるでしょう。 私は学校に通い学校のパソコンに配信されてくる講義を聞くスタイルの受講をしました。 特にこのスタイルを選んだ訳ではなく、私の置かれている状況から判断して以下の条件から探しました。 1.初学者なので独学では無理 2.6ヶ月しかないので自宅から一番近い学校 インターネッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重要度ランキング

私が社労士試験勉強をしてきて何が重要と思い重点をおいてきたかを書きます。 第1位  過去問題集 第2位  予想問題集 第3位  テキスト(講義) 第4位  模試 流れとしては講義を受けたりテキストを読んだりする事から始まり、少し遅れて過去問題集が始まり、過去問題集をある程度こなせるようになったら予想問題集にかかり、来年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more